帰国することを家族に伝えた時の話

はちいちはちいち

やったー!帰任決定。家族に伝えよう

帰国が決定して仕事の関係者にどう伝えるかもありましたが、

家族にももちろん伝える必要があります。

仕事関係ほどは気を使う必要はないのですが、

喜んでくれるかな・・・

驚くかな・・・

どんなリアクションかな・・・

とか色々考えるとやっぱり家族でもなんか緊張します。

まずは妻に伝えてみた

私は妻とは週一で電話をするようにしています。

妻には帰任したいという要望を上司に伝えたことだったり

帰任に向けて上司が動いてくれそうということだったり

適宜そういう話をしていたので、

正式に帰任が決まったことはさらっと伝えました。

そうすると「よかったねー!」と言ってくれました。

帰ったらあれもしたいね。これもしたいね。

と言ってくれたり、帰国後の諸手続き用の休暇があるので

子供が学校に行っている平日にランチの予約をしたりしてくれました。

喜んでくれてよかったです。

それにしても2人で出かけるのはいつぶりだろう・・・

楽しみです。

でも最後に

「色々変わってるかもしれないけどショックを受けないでね」

と妻からそんなセリフが・・・

「約2年いなかったからねー。パパがいなくても普通になってるよ」

とのことです。なんか怖いな・・・

次に子供に伝えてみた

そしていよいよ子供にも伝えてみました。

長女は10歳。妻からはだんだん大人びてきたという話も聞いていて

パパとしてはリアクションが一番気になります。

伝えてみると・・・

まず笑顔!そして

「いつ帰ってくるの?来年くらい?」

と言われたので

「いや来月帰るよ」

というともっと笑顔に。

いやーパパ冥利に尽きます。

そして帰国のタイミングが運動会に間に合うので来て欲しいみたいです。

よかった。まだパパ嫌々期に入る前で。

それが一番よかったことです。

そして最後に息子にも伝えてみました。

元々息子についてはそんなに心配してなかったのですが、

それほど大きなリアクションはなく・・・

あれ!?という感じでした。

そして「一緒にゲームしたい!」とのこと。

他にはなにかやりたいことある?

BBQとか行きたくない?

と言うとそれでも

「ゲームがしたい!」とのことでした。

というかそれしか言わない・・・

そんなにゲームが好きなのか!?

私的には家族とBBQとかキャンプとか行きたいなと思っていたので

ちょっと当てが外れた感じに・・・

まあ喜んではくれているみたいなのでよいのですが。。。

まだ帰国するまでもう少し時間があるので

家族へのお土産を準備しようと思います。

娘にお土産は何が欲しい?と聞くと

「中国のお金!」の一言。

それ日本円に換金してお小遣いにしたいだけやん!と

少し切ない気持ちになりましたが

中国のお金以外にも何か喜びそうなものを探してみます。